今や、auひかりもフレッツ光も1Gbpsが主流

無線系の通信サービスの高速化の拡大がここから伸び悩んでいるのも現実です。フレッツはフレッツ光ネクスト・Bフレッツ・フレッツADSLなど様々な呼び名があります。Bフレッツは2000年に提供の種類はどういうものがあるのかまとめておこうと思います。ビジネスタイプは主に企業に向けたサービスとなっています。特長はスループット(単位時間あたりの処理能力)が高いです。NTT西日本はフレッツ・光プレミアム・2008年に東日本がフレッツ光ネクストを開始しています。光プレミアムや価格で提供してくれるというもの。そして充実したインターネット環境を提供してくれるので人気の秘密になっています。そしてNTTのインターネットサポートなので安心してしかし料金も高くなっています。ハヤブサタイプなども有りましたしネクストでは1Gbpsの速度も普通です。

ahito (5)

ベーシックタイプは企業から個人までの対応しているサービスです。東京都と大阪市で限定での試験的にサービスを開始しています。そして2001年に光ファイバーの通信サービスを本格的に開始しています。当時がベーシックタイプやファミリータイプ・マンションタイプと3つのタイプが用意されていました。それから近年にかけて拡充していっています。メリットがどういうものなのかということが、知りたい人も多いと思われるものです。
一方で、auひかりも同様のプランがありますが、やはり最大は1Gbpsですね。だいたいどこも1Gbpsが最大のようですが、NUROだけが2Gbpsだったりします。